オビドレル 出荷停止

不妊治療薬の「オビドレル」が出荷・販売停止となりました

オビドレルは発育した卵胞を成熟させるという、排卵トリガー薬(HCG製剤)であり、高刺激排卵誘発ARTを行う場合には必要不可欠な注射剤です

当院では、排卵トリガーとしては「ブセレリン点鼻薬」を主に使用しているため、治療法への影響は少ないと思われますが、薬剤が連鎖反応的に出荷調整されている現状をみると、今後も注視して行かなければいけないと思います

現在、すべての排卵誘発注射剤が何らかの出荷制限に陥っており、ますます自然周期・低刺激法の必要性が高まるものと思われます

今年(2022年)の当院治療成績

本日は当院の仕事納めであり、今年の治療成績をまとめてみました
妊娠継続率は今年(2022年)が40.6%と前年(38.9%)・前々年(36.6%)に比べて高くなっています(図1)
今年から保険診療が開始となり、不妊治療の質が落ちると危惧する声もありましたが、結果としてそのような心配は全くなかった、ということが当院実績で証明することが出来ました
同時に、妊娠・卒業患者数は前年(438人)、前々年(453人)に比べて、今年は671人と格段に増やすことが出来ました(図2)
我々不妊治療施設の目的は、一人でも多くの患者さんが妊娠して、当院を卒業されることです
そういう意味では、今年はとても成果のある一年であったと言えるのではないかと思います
来年も同様に高い成績を残せるよう、職員一同頑張りたいと思いますので、皆様よろしくお願い申し上げます

 

不妊治療薬の不足状況について

最近、不妊治療薬(注射型の排卵誘発剤や黄体ホルモン剤)が相次いで出荷調整・制限となっています

原因として、保険開始による治療患者数の急激な増加の他に、新型コロナやウクライナ情勢も関与していると言われています

そのため、高刺激治療を行なっているクリニックでは、患者さんあたりの薬使用量が多いために供給量が追いつかず、治療延期や中断をお願いしていると聞きます

当院では低刺激法と小卵胞採卵を組み合わせて治療を行なっているため、薬剤の現保有量は安定していますので、どうぞご安心ください

2022年の秋

寒い季節になってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

久しぶりにブログ更新します

今年は忙しくて遠方まで出掛けられませんでしたが、都心の庭園でもきれいな紅葉を楽しむことができました

保険での不妊治療を希望されている患者様へ

新橋夢クリニック院長の瀬川です。

2022年4月から不妊治療の保険適用が始まりました。保険での体外受精は以前に比べて圧倒的に安価であり、患者さんにとって革命的な出来事になりました。当院でも保険開始より多くの患者さまが来院されております。一方、保険での不妊治療は医療の質が低下するのではないかとの不安を言われる患者様も時々おられます。

当院での不妊治療は、保険開始以前とほぼ変わらない治療法で行っています。今月(7月)の妊娠・卒業患者数も、以前より大幅増のペースとなっており、むしろ治療成績の上昇が見込まれております。

当院としては保険で不妊治療を希望する患者様には、積極的に保険診療による治療を勧めていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

ページTOPへ